2008年09月05日

1984年てどんな年?

カウント・ベイシー/スイングの心象



牧場で馬と暮らしながら、年は暮れて1984年になりました。

1984年(昭和59年)がどんな年だったのか、ほとんど思い出せませんので調べてみました。

北米の最高峰マッキンリーに冬季単独登頂に成功した植村直己さんが下山途中で消息不明になったのがこの年の2月でした。

7月にはロサンゼルスでオリンピックが開かれて、カール・ルイスが活躍しました。

10月にはインドのインディラ・ガンジー首相が射殺されました。

11月に新札が発行されて、1万円札は福沢諭吉、五千円札は新渡戸稲造、千円札は夏目漱石に変わりました。

11月の菊花賞で優勝して、シンボリルドルフが無敗で三冠馬になりました。

この年のヒット曲は森進一の「北の蛍」、細川たかしの「浪花節だよ人生は」、中森明菜の「北ウイング」、松田聖子の「ハートのイヤリング」、小泉今日子の「ヤマトナデシコ七変化」、高橋真梨子の「桃色吐息」、郷ひろみの「2億4千万の瞳」、舘ひろしの「泣かないで」、わらべの「もしも明日が」、安全地帯の「ワインレッドの心」でした。

テレビのCMではエリマキトカゲが話題になりました。

この年に亡くなったのは俳優の長谷川一夫(76)、歌手の霧島昇(69)、ジャズミュージシャンのカウント・ベイシー(79)、劇作家のリリアン・ヘルマン(79)、小説家のトルーマン・カポーティ(59)、映画監督のフランソワ・トリュフォー(52)、映画監督のサム・ペキンパー(59)でした。


植村直己物語  偉大なる三冠馬たち   銭形平次捕物控 死美人風呂  映画に愛をこめて アメリカの夜  ゲッタウェイ  ティファニーで朝食を〔Rubybooks〕
タグ:1984年
posted by 酔雲 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

恋の町札幌

シングル名曲ベスト3コレクション プラチナシリーズ::ブランデーグラス/港町 涙町 別れ町/恋の町札幌



石原裕次郎さんの「恋の町札幌」がヒットしたのは1972年ですが、私の中でヒットしたのは11年後の1983年でした。

新冠の牧場にいた頃、牧場の息子さんに連れられて静内まで行って、スナックで飲みました。その時、よく耳にしたのが「恋の町札幌」でした。いい歌だなあと思って、私も何度かカラオケで歌いました。

この歌を聴くと当時の事を懐かしく思い出します。


動画「長山洋子「恋の町札幌」を歌う


裕次郎・歌、その素晴らしき世界 〜石原裕次郎70祭〜  愛の囁き!デュエット特選集  心にのこる流行歌 決定版  旅情歌謡 ベスト  『哀愁のムード歌謡大全集』
タグ:北海道
posted by 酔雲 at 13:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅-1(国内編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

毎晩、「北の誉」を飲んでいました

北の誉 純米 吟心北の誉 純米 吟心北の誉 純米 吟心北の誉 純米 吟心北の誉 純米 吟心北の誉 純米 吟心北の誉 純米 吟心北の誉 純米 吟心


北海道の牧場での生活は日の出と共に起きて、夜の10時頃には眠るという健康的な生活でした。

一軒家を借りていましたがテレビもなく、カセットラジオでジャズを聴きながら、毎晩、飲んでいたのが「北の誉・辛口」でした。

海外に出る前、日本酒はあまり飲みませんでしたが、日本にいるのだから日本酒を飲むべきだと飲み始めました。

北海道の地酒を色々と試してみて、一番うまかったのが「北の誉・辛口」でした。当時は、特級酒、一級酒、二級酒というランク付けかあって、「北の誉・辛口」は当然、二級酒でした。今もあるかと捜してみましたが、もう、造っていないようです。

部屋の中が殺風景なので、飲み終わった空き瓶を部屋の周りに並べていました。そのうちに並びきらなくなって、押入れにしまいました。

一年後、牧場を去る時、軽トラを借りて空き瓶を酒屋に返しました。当時は一本、5円で引き取ってくれたと思います。100本以上の空き瓶が出てきたのを思い出しました。


北の誉 北の一番蔵  男山純米大吟醸  男山 御免酒  男山 歌麿乃名取酒  純米清酒 法螺吹  国士無双 純米  大吟醸 吉翔
タグ:日本酒
posted by 酔雲 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

北海道の新冠で偶然の再会

「あの馬は今?」ガイド(2007ー2008)


1983年3月の半ば頃だったと思います。ふらっと北海道に行きました。馬のいる牧場で働きたくなったのです。もしかしたら、乗馬も習えるかもしれないという甘い期待もありました。

夜行列車に乗って青森まで行き、青函連絡船に乗って北海道に渡りました。久し振りの北海道です。サラブレッドの産地、日高地方に向かい、新冠のユース・ホステルに泊りました。

次の日、朝早く目が覚めたので、早朝の散歩に出かけました。

気持ちのいい朝で、のんびり歩いていたら、作務衣を着たお坊さんに声を掛けられました。一緒に歩きながら世間話をしていたら、なぜか、スペインの話になって、そのお坊さんもマドリッドに行ったと言います。話をしているうちに、共通の知人の名前が出て来て、お互いに顔を見合わせ、何だ、お前かと驚きました。

そのお坊さんと私はマドリッドで会っていたのです。お互いに名前を知っている程度で、連絡先とかは聞きませんでしたが、まさか、北海道で再会するとは思ってもいませんでした。

当時のお坊さんは長髪でヒッピーのようだったので、私は全然、気づきませんでした。私の方も髪形が違っていたのかもしれません。

お坊さんはマドリッドを後にしてからインドに行って、思う事があって、お坊さんになったようです。お坊さんといっても普通の僧侶ではなく、山伏です。吉野の金峯山寺で出家して、修行を積んだようです。新冠に金峯山寺の別院があって、そこに派遣されて来たとの事でした。

そのお坊さんは一年ほどして本山に帰り、百日行の厳しい修行を成し遂げました。


修験道っておもしろい!  はじめての修験道  修験道  大峯千日回峰行  修験道に学ぶ  住職がつづるとっておき金峯山寺物語
タグ:北海道
posted by 酔雲 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅-1(国内編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

1983年に公開された映画

ガンジー



1983年(昭和58年)は東京ディズニーランドが開園した年です。早いもので、開園してから25年にもなります。

前年にアカデミー作品賞を受賞した「ガンジー」が4月に公開されました。監督はリチャード・アッテンボローです。リチャード・アッテンボローといえば「大脱走」でビッグXを演じていた俳優です。彼が監督したのかと驚きましたが、1977年の大作「遠すぎた橋」も監督していました。「ガンジー」ではアカデミー監督賞を受賞しました。

ポール・ニューマンとシャーロット・ランプリングが共演した「評決」、ダスティン・ホフマン主演の「トッツィー」、リチャード・ギアとサム・シェパード共演の「天国の日々」、クリストファー・リーブ主演の「スーパーマン3・電子の要塞」、ジェニファー・ビールス主演の「フラッシュダンス」、マリー・フランス・ピジェ主演の「ココ・シャネル」、ロビン・ウィリアムズ主演の「ガープの世界」、ショーン・コネリーとキム・ベイシンガー共演の「ネバーセイ・ネバーアゲイン」が公開されました。

C・トーマス・ハウエル、マッド・ディロン、パトリック・スウェッジ、トム・クルーズなど、後に活躍する若手俳優が多数出演したフランシス・フォード・コッポラ監督の「アウトサイダー」が公開されたのもこの年です。

日本映画では夏目雅子主演の「時代屋の女房」と「魚影の群れ」、萩原健一主演の「もどり川」、松田優作主演の「家族ゲーム」、原田知世主演の「時をかける少女」、高倉健主演の「南極物語」と「居酒屋兆治」、金子正次主演の「竜二」、薬師丸ひろ子主演の「里見八犬伝」が公開されました。

寅さんシリーズは「旅と女と寅次郎」と「口笛を吹く寅次郎」が公開され、マドンナは都はるみと竹下景子でした。


評決  天国の日々  フラッシュダンス  ガープの世界  ネバーセイ・ネバーアゲイン  アウトサイダー  時代屋の女房  家族ゲーム  南極物語  竜二  里見八犬伝  男はつらいよ 旅と女と寅次郎
タグ:1983年
posted by 酔雲 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

1982年、中日ドラゴンズ、リーグ優勝

ドアラのひみつ


二年半、留守にした日本に帰って来て、久し振りにテレビを見ました。海外にいた間は安ホテルばかりに滞在していたので、テレビを見てはいませんでした。たとえ、見たとしても理解はできなかったでしょうが‥‥‥

知らない人たちがいっぱい、テレビで活躍していました。テレビから流れて来る流行歌もみな知りませんでした。記憶に残っているテレビ番組はありませんが、その年のプロ野球が面白かったのは覚えています。

日本を出る前、特に応援しているチームはありませんでしたが、「野武士野球」と呼ばれていた中日ドラゴンズが面白くて応援しました。

星野監督が現役最期の年で、投手陣には小松、都、郭源治、牛島らが活躍し、野手は田尾、平野、モッカ、谷沢、大島、宇野、中尾、上川らが活躍していました。中でも、現在ドラゴンズの打撃コーチを務めている宇野選手の活躍は記憶に残っています。

その年、中日ドラゴンズは8年振りのリーグ優勝を果たし、以後、ずっと、ドラゴンズを応援し続けています。


動画「中日ドラゴンズ 1982年 リーグ優勝


昇竜魂〜ドラゴンズ70thメモリアルソングス  中日ドラゴンズ伝説  恐竜伝説〜中日ドラゴンズ・70年の軌跡〜  中日ドラゴンズ カンカラ三線 【球団認証】  中日ドラゴンズ2008度版チビプロフィギュア
posted by 酔雲 at 12:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 番外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

1982年5月、日本へ

Aeroflot


一年間、「やきとり屋」さんでアルバイトをして、帰る旅費も貯まりました。

日本に帰る決心をして、5月の半ば頃だったと思いますが、帰りの切符を買いました。

どこで買ったのか覚えていませんが、勿論、安い航空券で、ソ連のアエロフロートです。

一年以上もお世話になった「ホテル・ニコル」に別れを告げて、シャルル・ドゴール空港に向かいました。

久し振りの搭乗手続きをして飛行機に乗り、パリを飛び立ちました。パリの街を上空から眺め、どんな気持ちだったのか、今となっては覚えていません。

途中、モスクワの空港に降ろされ、ソ連という未知の国の様子を興味深く観察しました。

無事に成田空港に着陸して、二年半に及んだ私の旅は終わりました。


世界のエアライン  エア・パニック -地震空港大脱出ー  エアライン Tシャツ★AEROFLOT  ルージェ/ブロック・フォアグラ
posted by 酔雲 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅-4(フランス編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

エディット・ピアフ

EDITH PIAF VOL.1


エディット・ピアフは「バラ色の人生」「愛の讃歌」で有名な、フランスを代表する歌手です。

私がパリに滞在していた頃、ピアフが亡くなってから、もう20年近くが経っていましたが、パリの街のあちこちで、ピアフの歌を聞きました。BGMとして流している店もありますし、道端で手回しオルガンでも流していました。道端で歌っている歌手もいました。ピアフはフランス人の心の中に生き続けていました。

レコード屋に行けば、何種類ものレコードやカセットが並んでいました。当時はまだ、CDというものはありません。私もピアフのカセットを4本買って、ウォークマンで聞いていました。

心に沁みるあの歌声は誰にも真似はできません。ピアフの歌は永遠に残るでしょう。

ピアフがパリの貧しい家庭に生まれた1915年、アメリカのフィラデルフィアの貧しい家庭で、ビリー・ホリデイが生まれています。ビリー・ホリディの歌も永遠です。

二人の偉大な女性ヴォーカルが同じ年に生まれているというのも偶然とはいえ、不思議な感じがします。ピアフは47歳で亡くなり、ビリー・ホリディは44歳で亡くなりました。


エディット・ピアフ/エターナル  エディット・ピアフ/エディット・ピアフ  エディット・ピアフ/ディア・ピアフ ベスト・オブ・エディット・ピアフ  Edith Piaf / Little Sparrow  レディ・デイ:ザ・ベスト・オブ・ビリー・ホリデイ

エディット・ピアフ コンサート&ドキュメンタリー  エディット・ピアフ -天に届く声  エディット・ピアフ 愛の讃歌  ビリー・ホリデイ/ウルティメイト・コレクション  ビリー・ホリデイの真実
タグ:パリ ピアフ
posted by 酔雲 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅-4(フランス編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

ラストタンゴ・イン・パリ

ラストタンゴ・イン・パリ


「ラストタンゴ・イン・パリ」という映画があります。

1972年に公開されたフランスとイタリアの合作で、監督はベルナルド・ベルトリッチ、主演はマーロン・ブランドとマリア・シュナイダーです。

ベルトリッチ監督は後に「ラスト・エンペラー」を撮り、マーロン・ブランドは同じ年に「ゴッドファーザー」に出演しています。マリア・シュナイダーは当時、20歳の女優さんで、1974年、ミケランジェロ・アントニオーニ監督の「さすらいの二人」で、ジャック・ニコルソンと共演しています。

きわどい描写のため、イタリアで上映禁止になったという宣伝につられて、公開時に映画館で観ましたが、あまりよくわかりませんでした。

パリにいた時、どこだったか覚えていませんが、上映していました。無修正なら観てみようと思い、映画館に入りました。

言葉はわかりませんでしたが、見慣れた風景が出て来て、何となく、わかったような気になりました。


ラストタンゴ・イン・パリ  ラストエンペラー  ゴッドファーザー  さすらいの二人
タグ:パリ
posted by 酔雲 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

履きつぶしたトニー・ラマ

TONY LAMAトニーラマスウェードウェスタンブーツN5442



サンフランシスコで買って、2年余り、私と共に旅をしたトニー・ラマもとうとう壊れてしまいました。

夏は日本から持って行った雪駄を履いていましたが、秋から春まではずっと、トニー・ラマを履いていました。

かかとやつま先に金具を打ったりして、大事に履いていましたが、靴底との境の革が破れてしまいました。それでも我慢して履いていましたが、雨の日には靴の中がびしょびしょになってしまい、こりゃダメだと諦めました。

新しいのを買おうと思って探し回りましたが、当時のパリではトニー・ラマは売っていませんでした。仕方なく、フランス製の無名ブランドのスウェードのウエスタンブーツを買いました。


Tony Lama/トニーラマ B1014  Tony Lama/トニーラマ J69514  Tony Lama/トニーラマ G6772 EE  Tony Lama/トニーラマ C2288  トニーラマTony Lama ウエスタンブーツP5310
posted by 酔雲 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅-4(フランス編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。