2007年08月24日

愛のコリーダ

愛のコリーダ


モンマルトルだったか、カルチェ・ラタンだったか覚えていませんが、「愛のコリーダ」を上映している映画館がありました。

阿部定事件を扱った大島渚監督の「愛のコリーダ」は、1981年当時より五年前に公開されましたが、日本ではズタズタにカットされているというので観ませんでした。

ノーカット版なら観ておくべきだと思って、鑑賞しました。

田中登監督の「実録阿部定」は観ていたので、ストーリーは知っていました。

観終わってみて、あれほど大騒ぎする映画なのかという感じでした。大島渚監督の意気込みは伝わってきますが、ちょっと期待はずれな感じを受けました。

吉蔵を演じた藤竜也さんはよかったのですが、阿部定を演じた女優さんが、イマイチだったのかもしれません。


実録 阿部定  SADA  阿部定事件  阿部定正伝  阿部定手記
ラベル:パリ
posted by 酔雲 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 大島渚大島 渚(おおしま なぎさ、1932年3月31日 - )は、映画監督。京都市生まれ。京都市立洛陽高等学校(現・京都市立洛陽工業高等学校)卒業。大学在学中は京都府学連委員長を務め、1954年京都大..
Weblog: お待たせ!<br>映画ファン「映画監督・評論家編」
Tracked: 2007-10-16 04:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。