2006年04月17日

映画の中のLee

Lee ストームライダー


「出逢い」でレッドフォードがLeeのストームライダーを着ていましたが、マリリン・モンローの主演映画「バス停留所」で相手役のドン・マーレーが着ていたのを思い出しました。

1956年の映画です。今もありますから、50年も変わらずに存在しているというのは、やはり、凄い事なのでしょう。

サム・シェパードが1986年の「フール・フォア・ラブ」で、トム・クルーズも1990年の「デイズ・オブ・サンダー」で着ていました。

ストームライダーではありませんが、Leeのライダージャケットはエルヴィス・プレスリーが1957年の「監獄ロック」で、デニス・ホッパーが1971年の「ラスト・ムービー」で、スティーヴ・マックイーンが1972年の「ジュニア・ボナー」で着ていました。

ジーンズの方ではジェームズ・ディーンが1955年の「理由なき反抗」で、1956年の「ジャイアンツ」でもはいていたように思います。

思い出したので書き並べてみました。

私も昔はLeeを愛用していました。今はWranglerを愛用しています。

私のジーンズ履歴はBIGJOHN→Levi's→Lee→Wranglerという感じで、ここしばらくはWranglerに落ち着いています。


Wrangler W9511-89 Gジャン11MJZ  バス停留所  デイズ・オブ・サンダー  監獄ロック  理由なき反抗
posted by 酔雲 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16678179
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。