2006年04月14日

ロサンジェルスで観た映画

出逢い


リトル東京を離れる前に、ロサンジェルスで映画を観た事を思い出しました。

「地獄の黙示録」と「出逢い」の二本です。

「地獄の黙示録」はコッポラの作品で、日本を出る前から話題になっていたと思います。ついに公開されたというので、観に行きました。

かなり大きな映画館だったと思います。タイトルもなく、すぐに本編が始まったのを覚えています。

大きなポップコーンを買って、食べながら鑑賞しました。

セリフが理解できないせいか、よくわからない映画でした。日本に帰って来てから見直し、さらに、ディレクターズカット版を観て、ようやくわかりました。

「出逢い」はロバート・レッドフォードとジェーン・フォンダの共演、監督はシドニー・ポラックです。

ポラックとレットフォードはよく組んで撮っています。ジェーン・フォンダとも「ひとりぼっちの青春」を撮っています。

レッドフォードとジェーン・フォンダも以前、二本の映画に共演していて、12年振りの共演です。

3人共、好きだったので、期待して観に行きました。

かつてはロデオスターだったが、今は見せ物になってしまって、毎日、酔っ払っているレッドフォードが、自分と同じ境遇の名馬と出逢い、その名馬を自然に返すという話です。

ジェーン・フォンダはレッドフォードと名馬の行方を追うニュースキャスター役です。

レッドフォードの生き方が反映している映画だと思いました。けっこう、面白かったです。

レッドフォードが着ていたLeeのストームライダーもカッコよかったです。

地獄の黙示録#特別完全版  大いなる勇者  コンドル 裸足で散歩  Lee リアルヴィンテージ ストームライダー
posted by 酔雲 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。