2006年03月24日

あの頃の日活撮影所5、鈴木清順

悲愁物語


鈴木清順が10年振りに映画を撮っているとの噂が撮影所内を駆け巡っていました。

その頃の私は清順の映画は「けんかえれじい」と「東京流れ者」を観ていただけでした。

皆が凄い監督だというので、ちょっと覗いてみました。

薄暗いスタジオの中では、ヌードシーンを撮影していました。

知らない女優でしたが、綺麗な体をしていました。

私は釘付けになって撮影を見ていました。

あとで白木洋子という女優だと知りましたが、その後もあまり活躍していないようです。

噂の監督は浮世離れした仙人のような人でした。

存在感があって、確かに凄い監督だと思わせました。

その映画は「悲愁物語」というタイトルで、勿論、公開された時、映画館で観ましたが、よくわからない映画でした。

10年のブランクで感覚が鈍っていたのかもしれません。

「東京流れ者」のような映画を観たかったのですが、期待はずれでした。


けんかえれじい  東京流れ者  関東無宿  ツィゴイネルワイゼン  夢二  陽炎座    
posted by 酔雲 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。