2008年06月11日

1983年に公開された映画

ガンジー



1983年(昭和58年)は東京ディズニーランドが開園した年です。早いもので、開園してから25年にもなります。

前年にアカデミー作品賞を受賞した「ガンジー」が4月に公開されました。監督はリチャード・アッテンボローです。リチャード・アッテンボローといえば「大脱走」でビッグXを演じていた俳優です。彼が監督したのかと驚きましたが、1977年の大作「遠すぎた橋」も監督していました。「ガンジー」ではアカデミー監督賞を受賞しました。

ポール・ニューマンとシャーロット・ランプリングが共演した「評決」、ダスティン・ホフマン主演の「トッツィー」、リチャード・ギアとサム・シェパード共演の「天国の日々」、クリストファー・リーブ主演の「スーパーマン3・電子の要塞」、ジェニファー・ビールス主演の「フラッシュダンス」、マリー・フランス・ピジェ主演の「ココ・シャネル」、ロビン・ウィリアムズ主演の「ガープの世界」、ショーン・コネリーとキム・ベイシンガー共演の「ネバーセイ・ネバーアゲイン」が公開されました。

C・トーマス・ハウエル、マッド・ディロン、パトリック・スウェッジ、トム・クルーズなど、後に活躍する若手俳優が多数出演したフランシス・フォード・コッポラ監督の「アウトサイダー」が公開されたのもこの年です。

日本映画では夏目雅子主演の「時代屋の女房」と「魚影の群れ」、萩原健一主演の「もどり川」、松田優作主演の「家族ゲーム」、原田知世主演の「時をかける少女」、高倉健主演の「南極物語」と「居酒屋兆治」、金子正次主演の「竜二」、薬師丸ひろ子主演の「里見八犬伝」が公開されました。

寅さんシリーズは「旅と女と寅次郎」と「口笛を吹く寅次郎」が公開され、マドンナは都はるみと竹下景子でした。


評決  天国の日々  フラッシュダンス  ガープの世界  ネバーセイ・ネバーアゲイン  アウトサイダー  時代屋の女房  家族ゲーム  南極物語  竜二  里見八犬伝  男はつらいよ 旅と女と寅次郎
タグ:1983年
posted by 酔雲 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100171470

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。