2008年06月23日

北海道の新冠で偶然の再会

「あの馬は今?」ガイド(2007ー2008)


1983年3月の半ば頃だったと思います。ふらっと北海道に行きました。馬のいる牧場で働きたくなったのです。もしかしたら、乗馬も習えるかもしれないという甘い期待もありました。

夜行列車に乗って青森まで行き、青函連絡船に乗って北海道に渡りました。久し振りの北海道です。サラブレッドの産地、日高地方に向かい、新冠のユース・ホステルに泊りました。

次の日、朝早く目が覚めたので、早朝の散歩に出かけました。

気持ちのいい朝で、のんびり歩いていたら、作務衣を着たお坊さんに声を掛けられました。一緒に歩きながら世間話をしていたら、なぜか、スペインの話になって、そのお坊さんもマドリッドに行ったと言います。話をしているうちに、共通の知人の名前が出て来て、お互いに顔を見合わせ、何だ、お前かと驚きました。

そのお坊さんと私はマドリッドで会っていたのです。お互いに名前を知っている程度で、連絡先とかは聞きませんでしたが、まさか、北海道で再会するとは思ってもいませんでした。

当時のお坊さんは長髪でヒッピーのようだったので、私は全然、気づきませんでした。私の方も髪形が違っていたのかもしれません。

お坊さんはマドリッドを後にしてからインドに行って、思う事があって、お坊さんになったようです。お坊さんといっても普通の僧侶ではなく、山伏です。吉野の金峯山寺で出家して、修行を積んだようです。新冠に金峯山寺の別院があって、そこに派遣されて来たとの事でした。

そのお坊さんは一年ほどして本山に帰り、百日行の厳しい修行を成し遂げました。


修験道っておもしろい!  はじめての修験道  修験道  大峯千日回峰行  修験道に学ぶ  住職がつづるとっておき金峯山寺物語
タグ:北海道
posted by 酔雲 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅-1(国内編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

1983年に公開された映画

ガンジー



1983年(昭和58年)は東京ディズニーランドが開園した年です。早いもので、開園してから25年にもなります。

前年にアカデミー作品賞を受賞した「ガンジー」が4月に公開されました。監督はリチャード・アッテンボローです。リチャード・アッテンボローといえば「大脱走」でビッグXを演じていた俳優です。彼が監督したのかと驚きましたが、1977年の大作「遠すぎた橋」も監督していました。「ガンジー」ではアカデミー監督賞を受賞しました。

ポール・ニューマンとシャーロット・ランプリングが共演した「評決」、ダスティン・ホフマン主演の「トッツィー」、リチャード・ギアとサム・シェパード共演の「天国の日々」、クリストファー・リーブ主演の「スーパーマン3・電子の要塞」、ジェニファー・ビールス主演の「フラッシュダンス」、マリー・フランス・ピジェ主演の「ココ・シャネル」、ロビン・ウィリアムズ主演の「ガープの世界」、ショーン・コネリーとキム・ベイシンガー共演の「ネバーセイ・ネバーアゲイン」が公開されました。

C・トーマス・ハウエル、マッド・ディロン、パトリック・スウェッジ、トム・クルーズなど、後に活躍する若手俳優が多数出演したフランシス・フォード・コッポラ監督の「アウトサイダー」が公開されたのもこの年です。

日本映画では夏目雅子主演の「時代屋の女房」と「魚影の群れ」、萩原健一主演の「もどり川」、松田優作主演の「家族ゲーム」、原田知世主演の「時をかける少女」、高倉健主演の「南極物語」と「居酒屋兆治」、金子正次主演の「竜二」、薬師丸ひろ子主演の「里見八犬伝」が公開されました。

寅さんシリーズは「旅と女と寅次郎」と「口笛を吹く寅次郎」が公開され、マドンナは都はるみと竹下景子でした。


評決  天国の日々  フラッシュダンス  ガープの世界  ネバーセイ・ネバーアゲイン  アウトサイダー  時代屋の女房  家族ゲーム  南極物語  竜二  里見八犬伝  男はつらいよ 旅と女と寅次郎
タグ:1983年
posted by 酔雲 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。